スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村
ランキング参加中。
応援クリックをもらえたら嬉しいです。

スポンサー広告 | edit | page top↑

私が動物を飼う訳

動物の種類を問わず、ペットを飼うのには
人それぞれ様々な理由があると思います。

私は小さな頃から動物が好きでした。
動物を飼っていなかった私にとって、
動物と触れ合える場所は少なくて、
学校の飼育小屋であったり、
友達の家でペットの動物に遭遇したり。
時には、ホームセンターに出かけるお父さんにくっついて行っては
小鳥やハムスターなどの小動物を眺めたり。

私を連れていくお父さんはいつも
動物がいるホームセンターや花屋さんを
選んでくれていたように思います。
そういえば、
様々な小動物の飼い方が載っているとても楽しい本を
買ってくれたのもお父さんだったなあ。
( 注 : お父さんは健在です^^; )

とにかく何時間見ていても飽きないんですね。
可愛いという事はもちろんなのですが、
動物のそばにいるという事に安らぎを感じていました。

私の実家は兄がとても歳が離れていて
私が小学生になった時にはもう兄は高校生でした。
ほとんど一人っ子同然で、両親にかわいがられはしましたが
なんとなく淋しく一人ぼっちな気持ちでした。
動物と触れ合う事で癒しを感じていたのかもしれません。

ウサギを飼うと決めたのは次女が幼稚園の年長の時、
あと半年で卒園だ、という頃です。

次女を産んですぐに再就職して働き始め、6年間あっという間でした。
自分の好きな仕事とはいえ、働きながらの子育ては大変です。
子どもに無理をさせなくてはいけない時もありました。
親としてはとても辛い事です。
私なりにすごく頑張った6年間でした。
それは娘達にとっても同じです。

次女が小学生に上がるという節目に
どうしても私は、自分にご褒美が欲しかったのです。

自分へのご褒美・・・。
ある日ふと思いついたのです。
それは動物と触れ合う日々でした。

長女が産まれる前に愛猫を亡くし、
それ以来なんとなく忘れようとしていた
動物と共に暮らす楽しい日々を。

こうして私とファイくんの出会いがあったのです。

008.jpg
2007.2月 出会った頃のファイくん
スポンサーサイト
にほんブログ村
ランキング参加中。
応援クリックをもらえたら嬉しいです。

ファイくん | comments (9) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。